fbpx

福岡 パーソナルトレーニング

福岡初!週1回60分「美脚美尻」作り専門パーソナルトレーニング

「太もも内側のストレッチをしてスクワットをもっと効果的に」

読了までの目安時間:約 8分

 


福岡ヒップアップトレーニング

 

おはようございます。

福岡、北九州で活動する年齢を重ねるたびに健康美を更新をさせるビューティーアップデートトレーナーの片岡慎一(かたおかしんいち)です。

 

 

 

いきなりですが、スクワットをもっと効果的にしたいと思いませんか?

 

 

スクワットというと、脚(ふともも、お尻)を使うトレーニングイメージが強いと思いますが、背中、お腹と姿勢を維持するための筋肉を鍛えることもできます。

 

 

太もも、お尻引き締めとキレイな姿勢になるためにも大切なトレーニングです。

 

 

 

 

『太ももの内側が伸びれば、お尻も引き締まってくる』

 

今日は、スクワットを更に効果的にするための太もも内側の筋肉のストレッチとお尻のトレーニングをご紹介します。

 
 

 

ポイント:つま先の向きは、45度。 

 

     身体、両方の腰骨は正面のまま前に出している脚に体重をかける。

     

     伸び感を感じるようにする。

 

        前の脚に体重をかける際には、ゆっくり(4秒ほど)体重をかけてストレッチする。

 

 

 

主動筋(しゅどうきん)と拮抗筋(きっこうきん)がある。

 

筋肉には、表と裏があります。
表の筋肉が縮めば、反対の裏側は伸びていきます。
 

この表になる筋肉の事を主動筋(しゅどうきん)、裏側にある筋肉を拮抗筋(きっこうきん)と呼びます。

 

例えばです。

 

立った状態から身体は前屈(ぜんくつ)させると、身体の裏側(腰、ももの裏側、ふくらはぎなど)が伸びているのを感じることができると思います。

 

これは身体の前面の筋肉、筋肉を覆っている膜などが身体を丸めることにより縮み、反対の身体の背面の筋肉、筋膜が伸びているのです。

 

 

またあなたが軽いダンベルもって肘を曲げるトレーニングを行う際、肘を曲げた際は縮まっている筋肉は、力こぶ(上腕二頭筋)の筋肉、伸びているのは裏側の二の腕(上腕三頭筋)です。

 

 

 

これは、前屈と後屈(こうくつ)、肘の曲げ伸ばしですが、身体は横に傾いたり、ひねったりと様々動きがあります。

 

 

身体の動きは、前と後ろ、横、ひねりと3Dの動きが組み合わさっています。
 
・前と後ろ
 
福岡パーソナルトレーナー 福岡パーソナルトレーニング

 

・横の動き

 

福岡パーソナルトレーニング 福岡パーソナルトレーナー

 

・ひねる動き

 

福岡パーソナルトレーニング 福岡パーソナルトレーナー

 

 

写真が三つの面をそれぞれ行った動きです。

 

この動きの際には、必ずどこかの筋肉が伸び、縮みしています。

 

グラフィックス1                                     グラフィックス11

 

 

この絵の写真のように、どちらかの筋肉が縮まる事で伸びる筋肉もあります。

 

筋肉のアンバランスが長期間続くことにより関節が歪んでしまいます。

 

 

この関節のゆがみが、腰痛、膝痛などを引き起こす原因になることがあります。

 

身体は、バランスよく鍛えることが大切になってくるのがお分かりいただけたのではないでしょうか。

 

ではなぜ主動筋と拮抗筋について知っておく必要があるのでしょうか。

 

 

『意識性の原則』

 

トレーニングの原則に「意識性の原則」という原則があります。

 

 

これはなぜトレーニングを行うのか、このトレーニングはどこの部分を使っているか、また使っている部分を見ながら、触りながら行うことによってトレーニング効果が高まると言われています。

 

 

実際に何も考えずにトレーニングをするのと、何のために、なぜ行うのか、どこを使っているかに意識をもっていった方が効いてくる感じが違います。

 

 

あなたも感じたことがあると思います。

 

普段椅子に腰を掛けるとき、また椅子から立ち上がるときは何気なく身体を動かしているのに(意識をおいているならすみません)、スクワットと考えるとなるとどこから意識しながら行っていると思います。

 

 

 

椅子に腰を掛かる、立ち上げる動きは、トレーニングでやっているスクワットと同じ動きです。

 

ですが、「お尻を後ろに引いてしゃがむ」「膝が前に出ないように」などのポイントを置きながら行うことによって身体に負荷がかかっているのを感じていると思います。

 

これが意識性の原則です。

 

どこを使っているのかが分かればもっと効果的になります。

 

 

そのために今日は主動筋と拮抗筋というちょっとマニアックなお話をさせて頂きました。

 

 

今日お伝えしたストレッチは、太ももの内側を伸ばし、お尻の筋肉を使う所がポイントになります。

 

 

太ももの内側に伸び感が来ないと、お尻の筋肉にはあまり効いてきません。

 

 

このストレッチ&トレーニングを行ったあとに、あなたがいつも行っているスクワットなどをやってみてくださいね。

 

 

いつもと違い太ももの内側、お尻に効く感覚を感じていただけると思います。

 

 

今日の記事により、福岡、北九州でトレーニングを頑張る女性の太もも内側のたるみ、お尻のたるみが気になるというお悩みのお役に立てたら嬉しいです。

 

 

太もも内側のたるみ、お尻のたるみをなくし上半身と下半身のバランスのバランスが良い身体を手に入れてオシャレを楽しみましょう!

 

 

動画、記事についてのご質問などがあればお気軽にお問合せフォームよりメッセージをください。

 

 

お問合せフォームはこちらから

 

 

いつも読んで頂きありがとうございます。

 

 

 

「脚のラインの整えるのに必要なのはトレーニング?」

読了までの目安時間:約 11分

 


 

いつも読んでいただきありがとうございます。

 

福岡、北九州で活動する年齢を重ねるたびに健康美を更新させるビューティーアップデートトレーナーの片岡慎一(かたおかしんいち)です。

 

無題1

 

12月に入り冷え込んできて、福岡も年々寒くなってきていますね。

冬というとイルミネーションを想像する方もいらっしゃると思います。

 

 

福岡の博多駅には毎年、色鮮やかな光が駅や街をパッと明るくしにぎやかになりますね。

 

イルミネーションが点灯しだすと今年もあと少しだなと感じます。

 

さて今年はどんな一年でしたでしょうか?

 

「新たに挑戦を始めた年」

 

「ダイエットに成功した年」

 

「今、思うけどあまり動けなかった年」

 

 

など

 

今年一年を振り返ってプライベート、仕事などのどんな思いが出てきますか。

 

私自身は、今年もたくさんのお客様と出会い、様々な経験をさせて頂きました。

 

『チャレンジと感謝の年』でした。

 

 

チャレンジすることに恐れた時期もありました。

 

 

あなたはどうでしたか?

 

 

「身体の変化、心の変化はありましたか?」

 

 

身体の変化は心の変化につながると日々感じてきております。

 

 

これは私自身、トレーニングで感じた主観です。

また福岡大名、北九州でのこれまでの指導経験からも感じたことがあります。

 

 

それは年齢を重ねてくると、自らの体型に自信が持てず、もう変われないと諦めそうになっている方が多くいらっしゃるということです。

 

 

「もう若くないから.....」

 

 

「チャレンジするのが怖い」

 

 

「私にはできない」

 

 

確かに年と共に筋力、体力は落ちてきます。

いくらトレーニングが身体に良い事と思っても、自分の気持ち、モチベーションがないと取り組むのは簡単ではないですよね。

 

 

また

 

「膝、腰に痛みがある」

 

「これまで運動してきたけれど、効果、変化は感じられなかった」

 

「ダイエットはしたけれど、脚のライン、たるみは.......」

 

 

ネガティブな気持ちがあると、トレーニングを続けるという姿勢にはなりにくいと思います。

 

 

「やってみたけれど、私には....」

 

 

継続しなきゃとは思っているけれど、様々な思いが頭によぎり一歩を踏み出せない。

 

こういった思いの方をたくさん診てきました。

 

トレーニングは「続けること」が一番大事です。

 

「そんなことはわかってます」と思います。

 

 

今日は「でも来年こそ何かに挑戦したい」と考えている方にお伝えします。

 

 

福岡、北九州には様々なトレーニング施設、トレーナーがいます。

 

大手のフィットネスクラブ、マンツーマンのパーソナルトレーニングジムもあれば個人のパーソナルトレーナーの方もいます。

 

 

北九州は福岡市ほど、ジム、トレーナーの数は少ないですか、運動を力を入れているジムはたくさんあります。

 

これは非常に嬉しいことで、運動によって健康になり、今より楽しく充実した日を送れるようになっていく人が増えているのではないかと考えています。

 

 

そんな中、トレーニングを始めたけれど

 

 

「身体に痛みが出てできなくなった」

 

「トレーニングするのが怖い....」

 

 

という方も多くいらっしゃいます。

 

 

その多くが膝、腰の痛みだと思います。

 

 

「健康になるために始めたトレーニングなのに....」

 

 

と自分に対してもどかしい気持ちになっている方も多くいると思います。

 

 

この気持ちがトレーニングから足を遠ざけてしまい、身体のラインの崩れ、衰え、たるみなどが増していってしまうのではないでしょうか。

 

 

気持ちがないと身体を動かす気にはなれないと思います。

 

 

 

では一体どうすればいいのか?

 

 

まずはあなたの今の痛み、身体のたるみが出ている原因を探すことが大事になっていきます。

 

 

これを探すことが結果を出すために大切なことです。

 

 

膝に痛みをお持ちの方によくあることは

 

・立っている、座っているときにつま先が常に内側を向いている

O脚 美脚 姿勢

 

・姿勢を横から見ると反り腰でお腹が前に突き出している

※写真の絵はキレイな正しい姿勢です。

 

無題

 

 

・ももの前、外側が常にはっている

 

福岡 パーソナルトレーナー

 

 

他にもありますが、私の指導経験からこの3つが大きく関与していると考えています。

 

 

この三つの原因に共通する多くの要因が、股関節にあると考えています。

 

 

20140318192631

 

 

写真のように、『股関節』の内旋(ないせん)という骨のねじれが、女性の方(とくに筋力低下をしている女性によくあります)

 

 

股関節の内旋は、脚のラインの崩れ、太もも、お尻のたるみに共通することでもあります。

 

 

 

この三つを改善、解消するためには、トレーニング、ストレッチ、筋肉のほぐし、日常生活の姿勢の改善などが必要になります。

 

今日は、股関節を正しい位置にもっていくためのお尻を鍛えるトレーニング動画をご紹介します。

 

スクワットを行う前に『クラム』をやることで、膝の痛みがなくキレイなフォームできます。

 

 

今日は、今日から簡単にできるトレーニングをご紹介します。

 

『クラム』というトレーニングです。

 

 

 

 

 

このトレーニングは、股関節を外旋(がいせん)という方向にもっていく動きです。

 

※股関節を外側に開く動きです。

 

 

このトレーニングは、横向きに寝て、両方の脚の付け根を90度に曲げ、その状態から上に来ている脚を開く動きです。

 

その際、上にきている骨盤が脚を広げたとき、同時に開かずに膝だけが上にひらくイメージです。

 

お尻の下の方の筋肉を使ってあげます。

 

image

 

写真の方が触っているあたりです。

 

 

実際に行う際、お尻の下の部分に手をあててもらうと意識しやすく使っている感じがわかりやすくなります。

 

このトレーニングを行うことで、股関節が開きやすくなり、スクワットでも膝が内側に入ることなくできるのでお尻、太もも、太もも内側に効きやすくなります。

 

 

回数は15回×3セットを目安に、お尻の下が熱くなるのを感じてくださいね。

 

 

スクワットを行う前に『クラム』をやることで、股関節が外旋(がいせん)しやすくなり膝の痛みがなくキレイなフォームできます。

 

%e7%84%a1%e9%a1%8c

 

 

トレーニングにより痛みが出ずに効果的にできたら、継続しやすくなるのではないでしょうか?

 

 

そのためには、原因を知り、その原因を改善するための方法に取り組んでいけたらもっと楽しくトレーニングができるようになります。

 

 

 

今日は、福岡、北九州の「トレーニングを頑張りたいけど痛みがあるから怖くて....」という方に向けて記事を書いていきました。

 

 

 

トレーニングについて疑問点などがありましたらこちらからお問い合わせください。

 

 

第二弾!お尻、太ももの内側のたるみ解消しヒップアップ

読了までの目安時間:約 7分

 


福岡パーソナルトレーニング

 

 

おはようございます。

福岡、北九州で活動する年齢を重ねるたびに健康美を更新させるビューティーアップデートトレーナーの片岡慎一(かたおかしんいち)です。

 

 

前回の記事にて、自己流トレーニングとパーソナルトレーニングはどこが違うの?かについてお伝えしました。

 

 

その記事でトレーニングは負荷を定期的にあげていくことで、今よりもっと健康的、美しくなれると伝え、また負荷をあげたときにはトレーニングフォームが大切だとお伝えしました。

 

 

 

『お尻、太ももの内側のたるみ解消しヒップアップのためには?』

 

 

今日は、ランジという種目を動画にてお伝えします。

 

この種目が正しいフォームでできれば、お尻の下、太ももの内側のたるみが解消でき、ヒップアップすることができます。

 

テレビ、ネットなどで見た事があり、実際にやってみた方もいると思います。

 

その際に

 

 

「後ろに引いた脚の前側がパンパンになる」

 

「お尻に効いている感じがしない」

 

 

と感じた事がある方は非常に多いと思います。

 

 

動画では、このような悩みを解消し、トレーニングが効果的になるためのポイントをお伝えします。

 

 

 

お尻の下、太ももの内側がグゥーと熱くなっていればバッチリです。

 

初めはバランスをとるのが難しいという場合は、何かにつかまりながら行ってもかまいません。

 

 

後ろに引いた脚の前の張りはありませんか?

 

 

まだ張り感がある場合は、もう少しだけ身体を前に倒して、お尻をキュッと高い位置にキープしてみてください。

 

 

もしくは後ろに引いた脚を少し後ろに下げてみてくださいね。

別の言い方では、もう少し脚の幅を前後に広げてみてみてくださいね。

 

 

これで脚の張りは出ないのではないでしょうか?

 

 

 

『なぜ太ももの前が張りやすいのか?』

 

 

お尻の下、太ももの内側を使いたいのに、なぜ太ももの前が張ってくるの?という事を考えた事があるのと思います。

 

太ももの前が張ることで

 

 

「脚が太くなったような....」

 

 

「スキニーパンツがパツパツ」

 

 

「上半身と下半身のバランスが悪い」

 

 

と感じたことがあるのではないでしょうか。

 

 

トレーニングで解消したいのに、一向に解消されない、むしろ前よりひどくなっていると感じたらトレーニングすることから足が遠のいてしまうと思います。

 

 

なぜ太ももの前が張るのか?

 

 

大きな要因は「骨盤」「足」にあると考えています。

 

 

骨盤が後ろに倒れてしまい、太ももの前を使いすぎにより姿勢が崩れている女性の方は多いです。

 

 

この骨盤が後ろに倒れてしまうと、日常生活で歩く際にも太ももの前を使い張ってしまいます。

 

 

 

長時間歩くと、いつもパンパンになるという方はこれが原因となっている可能性があります。

 

身体全体が丸まってしまうと骨盤が後ろに倒れてしまいます。

 

動画でも骨盤の使い方をお伝えしていますので、ぜひ見てみてください。

 

 

ポイントは、身体を前に倒し(ぜんけい)して、お尻を天井に向かってグゥーとあげたままの状態をキープすること。

 

 

骨盤が後ろに倒れると、お尻とももの裏側の筋肉は伸びてきません。

 

 

お尻の位置を高くキープし、お尻、ももの裏側の筋肉が伸びていれば(ストレッチ感)があればOKです。

 

 

まだちょっとわからないという方、疑問点などがありましたらどうぞこちらからお問い合わせください。

 

 

お待ちしております。

 

 

 

いかがだったでしょうか?

 

 

今日は、お尻の下、太ももの内側のたるみを解消するトレーニングをお伝えしましたが、一番伝えたかったのは、フォームでこれだけ効き方がかわるということです。

 

 

「フォームの重要性」です。

 

 

フォームのポイントを押さえて行うことで、負荷が上がり今のトレーニングをもっと効果のある時間に変えることができます。

 

 

頑張ってやっているのであれば、もちろん効果、変化はほしいですよね。

 

 

効果を感じれるようになれば、もっとトレーニングが楽しくなり継続への道も開いていきます。

 

 

楽しく継続させるためには、新たな刺激、効果が大切だと考えています。

 

 

日々効果を感じればあなたは今よりもっと健康的、美しいボディラインになっていきます。

 

 

いつも読んでいただきありがとうございます。

 

 

お尻のたるみ解消!ヒップアップ!にはこのトレーニング!

読了までの目安時間:約 6分

 


福岡パーソナルトレーナー ヒップアップ

 

おはようございます!

年齢を重ねるたびに健康美を更新させるビューティアップデート専門トレーナーの片岡慎一(かたおか しんいち)です。

 

 

日々のトレーニング頑張っていますか?

 

今日は今のトレーニングをもっと効果的に、また楽しく行うために記事を書いていきます。

 

トレーニングというとどんな運動をイメージしますか?

 

「腕立て伏せ」

 

「腹筋」

 

「体幹トレーニング」

 

「スクワット」

 

などなど。

 

トレーニングに対するイメージは人それぞれ違うと思います。

 

今日は、お尻の下のたるみを解消したい!ヒップアップしたい!という方に向けトレーニング方法をお伝えします。

 

 

スクワットのやり方や片足スクワットのやり方をこれまでの記事でお伝えしてきました。

 

やり方によっては効果が期待できる種目です。

 

これまでお伝えをしていない種目を今日は動画が使いながらご紹介します。

 

バリエーションの一つです。

 

「ブルガリアンスクワット」という種目です。

 

初めて名前を聞くのではないでしょうか。

 

名前なんて正直どうでもいいです。笑

 

どんなやり方、効果があるのかを知りたいと思います。

 

 

 

 

この種目は、太ももの裏、お尻の下のたるみ、ヒップアップに効果がある種目です。

 

またスクワットでいつも太ももの前が張ってしまう、パンパンになるという悩みもこの種目では感じません。

 

太もも裏、お尻に効いている感じが非常にわかりやすいです。

 

 

このトレーニングが終わったあとは、太もも裏、お尻がカァー!と熱くなっていると思います。

 

 

それを感じれればバッチリです。

 

では動画をご紹介します。

 

 

 

まずは

 

「おはようございます」

 

と挨拶するように身体を斜め45度くらいに倒してあげて、脚を椅子の上に「チョコン」とおいてくださいね。

 

 

この「おはようございます」のお辞儀は、すっごいポイントです。

 

 

これが出来れば、キレイな姿勢をつくるためのトレーニングにもなります。

 

 

この種目はキレイな姿勢つくりのためも効果的ですよ。

 

 

動画を見て、難しそうと感じるかもしれません。

 

 

確かに最初は簡単ではありません。

 

 

「バランスをとる、片足で身体を支えるのなんて....」
はじめは何かにつかまって行ってみてくださいね。

 

 

また私も最初から出来ていたわけではないです。

 

 

何度も鏡を見ながら、姿勢を確認しながら行ってきました。

 

 

はじめから完璧を求めないで大丈夫ですよ。

 

 

やっていくうちに必ずバランスもとりやすくなり、キレイなフォームになります。

 

 

「大丈夫です!」

 

 

まずは、お辞儀をして椅子に足をチョコンと置いてみて下さいね。

 

これが初めの第一歩です。

 

 

※膝が痛い場合は、少ししゃがむ程度でいきましょう。

 

 

今日は、お尻の下のたるみを解消したい!ヒップアップしたい!というためのトレーニングについてお伝えしました。

 

是非、ご自宅、ジムでのトレーニングに生かしてくださいね。

 

 

質問、疑問点があればお問合せフォームから問い合わせください。

 

 

いつも読んで頂きありがとうございます。

「パーソナルトレーニングをやらせてもらった事は…」福岡の女性の声。

読了までの目安時間:約 8分

 


 

 

おはようございます。

福岡で活動する年齢を重ねるたびに健康美を更新させるビューティアップデート専門トレーナーの片岡慎一(かたおかしんいち)です。

 

 

先日、トレーニングを頑張る50代のお客様から嬉しい声をいただきました。

 

 

ここから

 

昨日、久しぶりに会った知人から

 

「ずっと体型保ってますよね。相変わらずカッコいいです!」

 

って言っていただいて喜んでいます。

 

だからパーソナルトレーニングをやらせてもらった事は間違ってなかったと思うし、感謝しています。

 

この年齢になって、また新たな「挑戦」と「楽しみ」増えました。

 

今日は健康診断でした。

 

身体の健康に感謝しながら、心も健康でいたいと思います。』

 

 

K様、いつも本当にありがとうございます。

 

第3者の方から、こういった声をもらえると嬉しいですよね。
自分がやっている事をさらに信じて進むことができると思います。

 

 

美しい脚のライン、身体をトレーニングにより保っています。

 

 

K様はいつも自分の身体に真剣に向き合って、トレーニングに励んでいます。

 

トレーニングを始める前は、長年の脚のラインに悩んでいました。

 

 

太ももが太い、脚のラインが悪い、上半身と下半身のバランスが悪い。と真剣に悩んでいる方は多いです。

 

 

「太ももが太く、プライベートではスキニーパンツを履けない」

 

「上半身と下半身のバランスが悪くて洋服をカッコよく着こなせない」

 

「鏡で見た時の自分の姿勢が....」

 

 

ジム、自宅での運動を続けているにのに効果が出ない。太もも、お尻のラインは変わらない。

 

 

でも....

 

 

悩んでいませんか??

 

 

本気のなんとかしたい!という方へ今日はお伝えします。

 

 

上半身と下半身のバランスが悪くなるのは、普段の姿勢からが大きな要因となっています。

 

座っているとき、立っているとき普段の姿勢に意識をおいていますか?

 

この普段の姿勢の連続が今の身体を作っています。

 

また未来の身体も作っているのです。

 

以前から姿勢の大切さには、お伝えしてきました。

 

今日は少し細かいところまでお伝えしようと思います。

 

 

 

 

『綺麗な脚のラインになるには??』

 

 

鏡に対して正面にたって頂き、ご自身の脚のラインで見てもらいたいところがあります。

 

 

それはどこでしょうか?

 

 

 

%e7%84%a1%e9%a1%8c

 

 

それは

 

 

『膝と足の指の位置』

 

 

です。

 

 

 

膝のお皿の中心から一直線に線を引いたところに、足の指(人差し指)がくるように意識をおいてもらいたいです。

 

 

これが基本となる「綺麗な脚のライン」の姿勢です。

 

 

お皿の向きが内側に入ったり、外側に向きすぎているということはないですか?

 

 

まずは鏡でチェックをして、自分の今の脚のラインがどのような状態にあるかを確認することをお勧めします。

 

 

 

どんな脚のラインですか?

 

この2つのどれかに当てはまっていませんか?

 

 

20140318192631

 

 

股関節が内旋(ないせん)することにより、お尻が横に広がり、お尻の筋肉が使われにくくなり、筋肉が働かなくなりお休みして垂れてしまうので上半身と下半身のバランスが悪くなってしまいます。

 

 

※内旋(ないせん)とは、脚の骨(大腿骨)が内側に捻(ねじ)れてしまうことです。

 

 

上の写真のXO脚、X脚は膝と足の人差し指が一直線でないと思います。

 

 

 

正しい脚のラインの意識を毎日のお風呂上りにチェックするようにしてみてくださいね。

 

 

 

 

脚のラインについてチェックするところはもう一点あります。

 

 

 

それは『足のくるぶしの高さ』を見る事です。

 

 

足の裏のアーチが潰れている、膝が内側の向いている人によく見られるのは、内側のくるぶしが

外側のくるぶしより低い位置にある事が多いです。

 

 

 

 

この姿勢(くるぶしの位置)を常に続けているので、足の裏の筋肉は使われにくくなり、アーチが潰れてしまい、脚のラインが崩れ、ボディラインにも影響を与えます。

 

 

座っている際に、両くるぶしの位置を確認し、足裏のアーチを高めた状態で立ってみてください。

 

つま先は少しだけ開きます。(膝のお皿の中心から足の人差し指まで一直線です)

 

 

 

この意識だけで、お尻がキュッとしまり、姿勢がよくなったように感じます。

 

 

習慣の連続が上半身と下半身のバランスが良い綺麗なボディラインに近づくための第一歩です。

 

 

 

綺麗な姿勢、ラインを習慣できたことを筋トレをして保っていきましょう。

 

まずは自分の姿勢、身体に向き合うことからを第一歩として始めてみませんか?

 

 

 

いつも読んで頂きありがとうございます。

 

 

福岡の50代女性の美しい姿勢、ヒップアップのためには?

読了までの目安時間:約 5分

 


 

こんばんわ。

福岡で活動するパーソナルトレーナーの片岡慎一(かたおかしんいち)です。

 

 

 

8月から新たにトレーニングを開始されたお客様。

福岡天神のアメリカンジム大名店でトレーニングを開始しました。

 

 

ネットで「福岡パーソナルトレーナー」と検索し調べ、様々なジム、トレーナーの中から私のパーソナルトレーニングを選ばれました。

 

 

選ばれた理由として

 

 「自己流ではなくきちんと指導していただける所がないかとネットサーフィンをしていたところ、美脚、美尻のこのブログを見つけ読んでみると 府に落ちることが多くトライしてみたいと思いました。」

 

 

嬉しいお言葉をいただきました。

 

 

私が発信をしてサポートしたいと願う方とお会いする事ができ本当に嬉しいです。

 

 

この方のお悩みは、姿勢と太もものはり、垂れてきたお尻でした。

 

「いつもデニムパンツがふとももでつっかる・・・」

 

と言っていて目標は

 

 

「太ももを細くして、ヒップアップしたい!」

 

「綺麗な立ち姿になりたい!」

 

「後ろ姿を綺麗になりたい!」

 

「自分で鏡を見て綺麗な自分でいたい!」

 

 

とのことです。

 

 

「体重ではなく姿勢、ボディラインを変えたい」

 

と言われていました。

 

 

 

体重を落とす事が目的であれば、食事の改善と消費カロリーを高めるような運動をすれば数字による変化は望めます。

 

 

ですが綺麗な立ち姿、ボデイラインのためには、筋トレが必要です。

 

 

 

綺麗な立ち姿をキープするためにはストレッチ、マッサージではなく背骨まわりの筋肉を鍛える必要があります。

 

 

 

年齢と共に衰えてくる筋肉。

特に背骨まわりの筋肉が衰えると姿勢が崩れます。

 

 

 

背中が丸くなったり、腰が曲がったり、お尻が垂れたり、脚のラインが崩れるなど。

 

 

 

身体はなんらかのサインを出しています。

 

 

 

重力に負けないためには、重力に対抗するためのエクササイズが必要です。

 

私のお客様も実践しています。

 

フィットネスクラブでもできる「姿勢つくり、ヒップアップ」のためのエクササイズをご紹介します。

 

「デッドリフト」

 

 

という種目です。

 

動きは単純。

 

床から重りを引き上げる動きです。

 

脚は肩幅より広めに取り、下腹をグゥーと引き上げお腹の力は抜かずに行います。

 

 

重りを降ろした際に腰が丸くなったり、反りすぎたり、顎(あご)上がったりしないなど、注意する箇所はいくつかあります。

 

 

まずは軽い重りから始めて、重りを膝上まで降ろす小さい動きから練習してみる事をオススメします。

 

 

 

 

動画を見てご質問などがあればお気軽にお問い合わせください。

 

 

 

いつも読んでいただきありがとうございます。

「背中、腰周りがスッキリ!」福岡で美脚美尻ボディメイクで!

読了までの目安時間:約 4分

 


 

おはようございます。

福岡でパーソナルトレーナーとして活動する片岡慎一(かたおかしんいち)です。

 

 

今日は、トレーニングを開始して6回目のお客様のトレーニング結果をご紹介致します。

 

 

後ろ姿、背中、腰まわりにご注目ください。

 

3  2

 

 

 

I様との会話にて
 
 
「まだむくみなどはありますが、仕事の制服のスカートがぶかぶかになりました!!
 
以前は、太ももの所でつっかかる事が多かったんですが....
 
でもまだ腰回り、脚は変えていきたいです!
 

今後はタイトなスカートを履けるようになりたい。」
 

と言われていました。
 
I様、嬉しい声ありがとうございます。
 

このような声を頂ける事が本当に嬉しいです!

 

これからも一緒に頑張りましょう。
 
腰回り、脚、お尻のラインのお悩みを抱えている女性は多いと思います。
 
 

「トレーニングのやり方がわからない。」


「体重ではなくて、体型を変えたい」

 

「上半身と下半身のバランスが悪い」
 
 

そんな思いがあるけれど、変わる気がしない!と悩んでいませんか?
 

諦めそうになっていませんか。

 
下半身のラインを変える、引き締めるためにはいくつかのポイントがあります。
 
 
ポイントは、

 
 
「足の指と体幹と股関節」

 

 

脚をいっぱい鍛えるわけではないんです!

 

身体の幹となるお腹、背中、腰まわり筋肉を呼び起こし、他の関節を動かしやすくすることにより下半身はスッキリしてきます。

 

 

正しいやり方、習慣を身につければ美しいボディラインになっていきます。

 

身体の変化があると
 
「もっとこうしたい!」
 

「こうなりたい!」

 

身体が変わる事にワクワクして、楽しくなり少しずつ自分を信じれるようになります。

 
諦めそうになっていた自分に少しずつ自信を持てるようになります

 

この自信が今よりもっと更に美しいボディラインに変化させてくれます

 

福岡で美脚美尻、ボディメイクしたい!強い想いがある方をおまちしております。

 

 

いつも読んで頂きありがとうございます。
 

 

お尻、脚内側の弛み解消!トレーニングとは?

読了までの目安時間:約 5分

 


 

こんにちは。

福岡で活動するパーソナルトレーナーの片岡慎一(かたおかしんいち)です。

 

 

いきなりですが

 

「スクワットをやっているのにお尻、脚が引き締まらない」

 

と悩んでいませんか?

 

スクワットというと、全身を引き締める、特に下半身を引き締めるトレーニングと思ってトレーニングに励んでいるのではないでしょうか。

 

 

 

一生懸命やっているのに脚、お尻が引き締まらないと悩み

 

 

「もう変わらない」

 

 

と諦めそうになっていませんか?

 

でもどうにかしたい!と心の中で本当に考えていませんか?

 

 

本心は

 

 

「まだあきらめたくない!」

 

と思っているのでは。

 

 

今日はスクワットではお尻、脚が引き締まらないと悩みを解消するためのトレーニングをお伝えします。

 

 

それは

 

片足でのスクワットです!

 

 

いつも両足で踏ん張ってのスクワット、もしくはレッグプレスをやっていると思います。

 

今日からはいつもと違う刺激を。

 

難易度、強度は高めではありますが、今の現状を変えたいと思うなら挑戦するべきだと思います。

 

 

垂れたお尻、脚の内側の弛みをなくし、スッキリした脚、お尻になれます。

 

 

「パンツを綺麗に着こなせる身体に!」

 

 

「オシャレを楽しんでいる自分に!」

 

 

なりませんか。

 

 

片足スクワットと聞くと難しそうではありますが、私のお客様の実施しております。

 

 

 

何かにつかまって脚を前後に開いてのスクワット。

 

少しイメージできましたか?

 

 

ポイントは前に出している脚です。

膝の位置はすごく重要です。

 

 

この膝の位置が内側に入ったり、外側に逃げるだけでお尻、脚の内側には効いてきません。

 

 

また骨盤を膝にぶつけるイメージのまましゃがんでいきます。

 

(動画であれば左の腰骨を右の膝に近づけたままです)

 

こうする事で脚の内側の弛みにも刺激を与えることができます。

 

 

 

 

今日から10回×2セットからでも始めてみてください。

 

 

お尻、脚の内側がジワ~と熱くなり、翌日は筋肉痛、今までにない筋肉を使った感じがしますよ。

 

ぜひお試しを!

 

 

動画について何かご質問があればお気軽に下記からどうぞ!

 

ご質問、お問合せはこちらから

 

 

いつも読んでいただきありがとうございます。

 

「脚の内側、お尻の下の弛み」が気になる福岡のあなたへ

読了までの目安時間:約 6分

 


トレーニングで美尻、ヒップアップ

 

こんにちは。

福岡で活動するパーソナルトレーナーの片岡慎一(かたおかしんいち)です。

 

 

 

あなたは今自分の体型を見て気になる部分はありますか?

 

 

「脚の内側の弛みが気になる」

 

「お尻の下の弛みが気になる」

 

「脚の外側のハリが気になる」

 

 

など脚、お尻にかけてのお悩みはありませんか?

 

 

体重の変化、上半身の変化はあるけれど脚、お尻にかけての変化が出ない。

 

このように思っているのはあなただけではありません。

 

私の所にこられるお客様は、このようなお悩みを抱えた方が多いです。

 

 

でもトレーニングすることで身体を変化させて心も変化させていきます。

 

 

「変われない」

 

 

と諦めそうになっていた自分に

 

 

「私、できる!」

 

 

「変われた!」

 

 

と前向きな気持ちになることができます。

 

 

身体が変わればあなたはもっと楽しい日々を過ごすことができるようになります。

 

 

でも間違ったトレーニングではあなたの頑張りは結果としてついてきません。

 

 

「ジムでの自己流でのトレーニングを続けているけれど、結果が出ない」

 

 

このように考え悩んで

福岡で頑張っているあなたに脚、お尻を引き締めるためのポイントをお伝えします。

 

 

『脚、お尻を引き締めるためにはお腹と背中(腰)が重要』

 

 

ジムでスクワット、マシンを使って脚やお尻のトレーニングを頑張ってやっているのに効果が出ないと悩んでいませんか?

 

 

効果が出ない原因のひとつとして、あなたの体の中心の筋肉が働きずらくなっているからです。

 

 

お腹、背中の筋肉が働いてくれていないとあなたの身体はいつも使っているばかり所に負担がかかり痛み出たりや脚が太くなっていく原因になります。

 

 

体の中心(体幹)はそれだけ大事なのです。

 

 

体の幹ですから。

 

 

この体の幹が使えるようになると、あなたの脚、お尻で悩んでいる所が使いやすくなります。

 

 

一つ例をあげます。

 

 

ヒップアップのためによく挙げられるトレーニングで立った状態で脚を後ろに上げる トレーニングがあります。

 

 

これはお腹、背中の筋肉が働いてくれていないと腰を反って脚を上げている事が多く

これではあまりお尻、脚を使っておらず腰の筋肉で頑張って脚を上げていることになります。

 

 

これではヒップアップは望めません。

 

 

お尻の尻尾となる尾骨を持ち上げ、お腹は横に薄く広げるイメージでへこまして脚を後ろに上げてみてください。

 

 

おへそと背中(腰)の距離を縮めたまま。横から見たらお腹がぺたんこになっているように。

 

 

 

お尻の下のほうがジワ~と熱くなるのを感じることができます。

 

これが出来てくればあなたの脚、お尻は引き締まっていきます。

 

 

ヒップアップにもちろんお尻を鍛えることが大切です。

 

ですが、いかに上手くお尻に効かせるトレーニングをすることがポイント。

 

だと私は考えています。

 

 

そのためには体幹の力が必要なのです。

 

お時間あるときに是非やってみてください!

 

違いを感じれますよ。

 

 

いつも読んで頂きありがとうございます。

 

 

福岡大名で始める美脚になる習慣とは?

読了までの目安時間:約 6分

 


 

こんにちは。

福岡大名で活動するパーソナルトレーナーの片岡慎一(かたおかしんいち)です。

 

 

もうすぐ6月!

いよいよ夏が近づいてきましたね。

 

 

あなたは夏に向けてあなたはどんな準備をしていますか?

 

 

薄着になる夏の季節。

 

 

あなたが大好きなオシャレを楽しむ季節ではないでしょうか?

 

 

「膝上のパンツをかっこよくはきこなしたい!」

 

 

「膝上のスカートを綺麗に履きこなしたい!」

 

 

このような想いがありませんか。

 

あなたは今年の夏は去年の夏よりもっと楽しく過ごしていきたいと思っているのでは。

 

 

「美」意識の高いあなたは

 

 

「もっとこうなりたい!」

 

 

という想いがつよいのではないでしょうか。

 

 

今日の記事は「福岡大名で美脚になりたい!」と思うあなたの習慣のプラスになれば幸いです。

 

 

福岡大名で始める美脚になる習慣とは?

 

大名には赤坂駅、けやき通りがあり、おしゃれな結婚式場、カフェ、ショップ、飲食店がたくさんありますよね。

 

 

昼間は、ランチ、カフェなどを利用する女性の方が多く歩いている印象があります。

 

 

あなたも大名または赤坂駅を降りて歩いてカフェ、ランチを楽しむことがあるのではないでしょうか。

 

 

歩くという行為は、人にとって切っても切り離せないことですよね。

 

 

あなたも走りはしないけれど、歩くことは毎日行うのではないでしょうか。

または運動、健康のために歩いているのでは。

 

 

歩いているとき、綺麗に歩いている人って目立って魅力的に見えませんか?

 

 

自然と目がいきませんか?

 

 

では歩くとき、あなたはどんな事に気をつけていますか?

 

 

「かかとから着地」

 

 

「背筋はまっすぐにして」

 

 

「一本の線上を歩くように」

 

 

などなど

 

 

歩く際にあなたが気をつけるポイントがありますよね。

 

 

あなたの歩きを綺麗にして美脚につなげる習慣とは?

 

 

無題

(掲載の許可は得ています)

 

 

この写真の赤い矢印部分を見て頂きたいです。

 

腰に少し反りが見えますよね。

 

 

ここがあなたが歩く際の美脚につなげるための大切なポイントです。

 

 

この反りが出来ることにより、お尻は上がってきて綺麗な姿勢になっていきます。

(腰が反りすぎるのもよくありません)

 

 

ビフォーの写真のようにお尻が下が床に近づいていて背中が丸くなっている状態は、骨盤が後ろに傾き、歩く際太もものまえばかり使ってしまい、むくみ、脚の張り、脚が太くなる原因にもなります。

 

 

お腹の力も抜けて、ダラ~とした状態です。

 

このダラ~とした状態って腰は丸まってますよね。

 

せっかく歩いているのに、もったいないです。

 

 

アフターの写真ように今日からすこしだお尻の骨(尾骨)をキュッと上に持ち上げるようにイメージをして、腰の部分に力が入っている事を、時々触って歩いてみてください。

 

 

これだけであなたは今よりもっと魅力的な歩き方になり美脚に近づいていきます。

 

 

いかがだったでしょうか?

 

 

今回の記事であなたの習慣が変わり、身体の変化につながれば嬉しいです。

 

 

今日は福岡大名で美脚になるための習慣についてお伝えしました。

 

 

いつも読んで頂きありがとうございます。

 

 

 

 

 

プロフィール
片岡慎一プロフィール

代表兼パーソナルトレーナー
片岡 慎一(かたおか しんいち)
詳しいプロフィール
片岡のトレーニング方針
バーベル・ダンベルトレーニングの効果は?
お客様に選ばれる理由
美脚・美尻のための動画
カテゴリー
最近の投稿
YouTube公式チャンネル
Instagram
お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせ
080-3946-0435

セッション中、営業時間外は電話に出ることができませんので、お問い合わせは下記のフォームよりお願いします。
お問い合わせフォーム

小さなことでもお気軽にご連絡下さい。
今すぐ予約はこちらから!