fbpx

福岡 パーソナルトレーニング

福岡初!週1回60分「美脚美尻」作り専門パーソナルトレーニング

お尻、太ももが痩せ美脚になるためのポイントは??

読了までの目安時間:約 6分

 


美脚 美尻

 

 今日は


お尻、太ももが痩せ美脚になるためのポイント」

 

について書いていきます。

 

あなたは、ジム、自宅での運動を頑張っていることと思います。

 

 

続けてはいるが結果が出ない! 

早く結果が欲しい!

 

トレーニングをしてすぐにカラダの変化は欲しいですよね。

 

1回のトレーニングで急激に変化するトレーニングもありますが、長期的に変化することは望めません。

 

カラダの変化は少しずつなのです。

 

あなたの今のカラダはこれまでの

「習慣の連続」

の姿と私は考えています。

 

 

これまでの習慣の連続が今のカラダなので簡単に身体を変えることはできません。

 

 

「そんな事はわかってる。でも早く結果が欲しい!!」

 

ですよね。

 

 

なので今日から良い習慣を身につけカラダを変えていきましょう。

 

良い習慣の連続は、身体を変えるための近道です。

 

 

ではポイントについて書いていきます。

 

 

『お尻、太ももが痩せて美脚になるには「長さ」×「時間」が大切』

 

 

先ほどカラダは

 

「習慣の連続です」

とお伝えしました。

 

まず少し筋肉について書いていきます。

 

筋肉には

表と裏

があります。

 

簡単に説明すると

 

 

あなたの膝の曲げ伸ばしは、

主に二つの筋肉

を使って行われています。(他のたくさんの小さな筋肉も使われます)

 

膝を伸ばす際は、ももの前の筋肉(カラダの表にある筋肉)が使われ、膝を曲げる際は、ももの裏側の筋肉(カラダの裏にある筋肉)が使われます。

 

動く際には、その動きにあった筋肉が働きあなたのカラダを動かしています。

 

 

簡単に説明しましたが、これが筋肉の表と裏です。

 

どの筋肉にも表と裏があります。

 

 

 

さて冒頭の

「長さ」とは??

 

 

 グラフィックス11グラフィックス1

 

 

 

この写真のように筋肉のアンバランス(長い短い)により関節はゆがんでくるのです。

 

(写真が白黒ですみません)

 

 2枚目の写真の筋肉の部分は、表と裏で考えてみてくださいね。

 

 

関節には動くという仕事があり、その関節を動かす、また骨を保つためには筋肉が必要です。

 

 

あなたのカラダも筋肉に支えられています。

 

筋肉のアンバランスによりあなたの姿勢ができています。

 

 

これはあなたの脚にもいえることです。

 

ももの表側ばかり使ってしまうと、ももの裏側は眠っていってしまい関節がゆがみます。(脚のラインが変わります)

使われている箇所ばかりが強い力を発揮し短くなり、眠っている場所は弱く長くなりやすいのです。

 

 

 

 

筋肉の良い「長さ」が大切なのです。

 

 

 

このアンバランスを改善できれば、あなたの脚はスッとキレイになりそうではありませんか。

 

そのためにはどこの筋肉を使うか、どこの筋肉を休ませてあげる、長くするか短くするかなどを考える必要があります。

 

それをトレーニングの際、ポイントとすることが大切です。

ですがこれはトレーニング時に意識し使ってあげるだけでは、足りません。

 

 

この意識をどれだけ(時間)保つことができるか、気をつけることができるかが大切です。

 

 

良い長さをどれだけの時間保つ、意識することができるか。

 

 

美脚になるためには「長さ」×「時間」です。

 

 

 

今日からできる美脚への日常生活で気をつけるべきポイント』

 

・写真の座り方以外の座り方に意識を置いてみる

4cfa3611b43b17705fa0d0a6926d4c94_s

 

 

・立ち方に気をつける。つま先はまっすぐに。

 

O脚 美脚 姿勢

 

 

・お尻にキュッと力をいれる

 

意識のポイントは


「お札をお尻にはさんだまま落とさないように!」

 

 

 

 

この3つのポイントを今日から少しずつ意識してみては。

 

 

今日は

お尻、太ももが痩せ美脚になるためのポイントについて書いていきました。

 

 

いつも読んでいただきありがとうございます。

 

O脚、X脚など脚のラインと美しい姿勢の関係性とは???

読了までの目安時間:約 8分

 


 

 

あなたは自分の脚に自信がありますか??

 

自分の脚のゆがみを気にしていませんか??

 

「O脚が治れば、もっと体型が変わるかもしれない・・・」

 


「キレイな脚になったら、もっと若く見られるかも!」

 

 

「スタイルよくなりたい」

 

こういった悩み、願いがあるのではないでしょうか??

 

 

以前の記事で

美脚とトレーニングの関係性

 


美脚にかかせないポイント

 


などをお伝えしていきました。

 

 

今日はO脚、X脚など脚のラインと美しい姿勢の関係性について書いていきます。

 

 

『O脚、X脚などの脚のラインを改善、予防には脚だけにアプローチすればいい??』

 

 

O脚、X脚など脚のラインの悩みを改善、予防するためにはどうすればいいと考えますか?

 

 

脚に問題があるなら脚への何か対処法をしないと考えますよね。

 

 

ですが

 

脚だけにアプローチすればいい!

 

というだけではありません。

 

 

 

以前の記事にて


「足の指」

「足裏」

が大切とお伝えしたことがありますが、「足の指」「足の裏」と同じくらい重要になるのが、

 

あなたの

 


骨盤、お腹、腰周り

です。

 

 

この骨盤、お腹、腰周りの筋肉が硬かったり、弱い状態になると骨盤、背骨に影響を及ぼします。

 

 

 

立っているとき、または座っている時あなたの脚のつま先はどちらを向いていますか??

 

 

内側に向いているか、外側に開いているかのどちらかではないでしょうか。

 

 

 

これまでの指導経験から女性の場合、つま先が内側に向いている場合が多いと感じます。(もちろんがに股気味の方もいます)

 

 

 

どちらに当てはまりますか??

 

さてこのつま先が内側に向いているという事は、


足裏のアーチ(土踏まず)が潰れている、膝のお皿が内に向いている、腰が少し反り気味
になっていることが多いです。

 

 

 

O脚 美脚 姿勢

 

女性の場合、男性より筋力が少ない事から姿勢にも影響があります。

 

 

 

お腹、腰周りを支える筋肉の低下から骨盤が前に倒れやすくなり腰もそり、脚(付け根から)が内側に捩れてしまっていることがあります。

 

 

ではこの問題を改善するためにはどうすればいいのか??

 

 

「腹筋、腰周りを鍛えたらいい!!」

 

 

というのは間違いではありません。

 

 

ですが、世間一般的に知られている上体を起こす腹筋や上体を反らす動作とはちょっと違います。

 

『お腹の奥にある筋肉を鍛える』

 

 

 

お腹には 4種類の筋肉が存在します。

 

お腹の真ん中を走る腹直筋(ふくちょくきん)

 

 

お腹の横にある 外腹斜筋(がいふくしゃきん)、内腹斜筋(ないふくしゃきん)

 

 

お腹の奥にある腹横筋(ふくおうきん)

 

 

この4つの筋肉で姿勢に大きく関係しているのは、


腹横筋(ふくおうきん) 

です。

 

この筋肉は腹筋の中で一番奥にある筋肉です。コルセット筋と言ってもいいでしょう。

 

 

 

o0480048012339230823 photo_94

 

 

 

腹横筋が働いてくれると、このようにお腹の圧力を高めてくれて腰のそり等を緩やかにしてくれます。

 

 

ではどうすればこの腹横筋を働きやすくするのか??

 

 

 

 

『腹をへこませる』

 

お腹をへこませる。

ただこれだけで腹横筋は使われてきます。

 

 

立っているとき、座っているときにお腹をへこませる意識をもつだけ!

 

もしお時間があるのなら、仰向けに寝てお腹をへこませる練習、もしくは四つん這いで重力に逆らいお腹をへこませる練習をしてみてください。

 

10回×2セットから。

 

 

お腹を使っている意識が分かりやすくなりますよ。

 

 

このあとに通常の腹筋運動(上体起こしなど)をすればあなたの腹筋運動は更に効果があるものに変わります。

 

 

なぜならお腹の奥にある筋肉が使いやすくなり、スイッチが入りやすくなるからです。

 

 

『コルセット筋(腹横筋)にスイッチが入ってからトレーニングすることも重要』

 

 

コルセット筋が働きやすくなり、過度な背骨の反り、丸まりがなくなれば姿勢はキレイになることが想像できるのではないでしょうか。

 

カラダの中心にある筋肉が働きやすくなり、姿勢が整うことで、四肢(手足)が動かしやすくなります。

 

 

たとえば

 

猫背の状態でカラダを動かすのと、背筋が伸びた姿勢でカラダを動かすのはどちらが動かしやすいと思いますか??

 

 

もちろん後者だと思います。

 

 

 

姿勢が整うことで、使える動かせる筋肉も増えていきます。

 

 

 

 

O脚、X脚など脚のラインを改善、予防には美しい姿勢も大きく関係しています。

 

 

 

 

今日はO脚、X脚など脚のラインと美しい姿勢の関係性についてお伝えしました。

 

 

いつも読んでいただきありがとうございます。

 

 

冷え症改善には?冷えにはお尻、太もも関係がある!

読了までの目安時間:約 5分

 


 

 

あなたが考える美脚、美尻はどんな脚でしょうか??


 

・O脚でない


・膝下O脚でない


・ふくらはぎが横に広がっていない

 

・お尻が横に広がっていない

 

 

などあなたが理想とするお尻、脚があると思います。

 

 

 

その理想のお尻、脚になるためのトレーニングとあなたのカラダの「冷え」には関係があります。

 

 

冷え症改善には?冷えにはお尻、太もも関係がある!

 

 

 

あなたは、からだの

「冷え」

にお悩みではないですか??

 

これからの寒い時期は特につらい時期ですよね。

 

 

 

「冷え症対策、改善」に向けて

 

 

・入浴


・運動(有酸素運動、筋トレ、スタジオレッスンなど)


・食事管理


・マッサージ

 

 

など様々な取り組みをされていると思います。

 

でも


「なかなか改善できない」


とお悩みではありませんか??

 

 

冷え対策、改善ためには

「体温を上げること!」

冷えを改善できるようにしていけばあなたのお尻、脚は変わっていきます。

 

美脚美尻に近づいてきますよ。

 

 

「なぜか??」というと

 

 

冷えとむくみ

には関係があるのです。

あなたも冷えと同様にむくみにも悩まれているのでは??

 

 

 

冷えが起こることでむくみにも繋がるのです。

 

カラダが冷えている状態は、むくみがありふくらはぎ、脚がパンパンになってしまいます。

 

 

むくみとは余計な水分がたまった状態のことであり、「冷え」によって血の巡り悪くなるとむくみの原因になってしまうのです。

 

 

また「何度以下が冷え」という明確な基準は存在しません。

ですが平熱が36度以下の場合は「低体温」の状態にあると考えていいと思います。

 

 

なかなか改善できないと思っている「冷え対策」そのまま続けてくださいね!

 

あとはやり方次第だと。

 

 

あなたがこれから冷えを改善するためには、正しい「筋トレ」をする必要があると思います。

 

 

「正しい筋トレとは?」 

 

 

「筋トレはしているけれど・・・」

 

 

と思われたと思います。

 

 

実はカラダの筋肉で

約7割をしめるのはお尻と太ももなの

です。

 

その筋肉を鍛えることによって、人が熱を作り出し、体温を保つための役割をしている「基礎代謝」を落とさずに済むのです。

 

これらの筋肉をバランスよく鍛えてあげることが必要です。

 そのためには「スクワット」が良いエクササイズです!!

 

 

 

スクワットでもあなたがいつもやっているスクワットと違うと思いますよ。

 

 


「スクワットをやるといつもいつも脚の前が張ってしまう・・」

 

 

私はそのようなスクワットはさせません!

あなたがいつも使っていないお尻、ももの内側を使うスクワットです。

 

 

是非お試しあれ!!

 

 

10回を3セットから始めてみてくださいね!

 

 

 

 

 

 

これだけで脚、全身ポカポカになりますよ。

 

 

 

今回は冷えと美脚美尻の関係についてお伝えしました。

 

 

いつも読んでいただきありがとうございます。

 

 

お尻、太もも痩せをし、ヒップアップのするめための豆知識

読了までの目安時間:約 6分

 


トレーニングで美尻、ヒップアップ

 

前回まで美脚について書いていきました。

 

読んでいただきましたでしょうか?

 

まだ読まれていない方はこちらから

 

 

今回は

 

 

お尻、太もも痩せをしヒップアップするための豆知識!

 

 

 

あなたは今スポーツジム、フィットネスクラブでカラダを引き締めるため、理想の体型になるめにトレーニングを頑張っていられると思います。

 

 

または自宅でもやっているのではないでしょうか??

 

 

あなたの頑張りは本当に素晴らしいですが、カラダは変わっていっていますか??

 

厳しいことをお伝えしますが、今までやってきてカラダが変わっていないのにそのトレーニングを継続していても意味がありません。

 

なぜならそのトレーニングであなたのカラダにしっかりと刺激が入っていないからです。

 

 

 

たとえば旅行にいったとします。

 

 

あなたが本当に行きたい場所は、決まっているのに地図がなく、どうやっていったらいいかわからない・・・

 

そんなときどうしますか??

 

 

「なんとなくこっちかな」

 


「たぶんあってる」

 

と思い時間と体力をかけて探しますか??行き着こうとしますか?

 

 

反対に

 

 

・ひとを探して聞く

・地図を買う

 


・携帯で住所を入れ検索

 

 

本当に困っていたらなにかしらの行動を起こすのではないでしょうか??

 

問題を解決しようとするのではないでしょうか。

 

 

 

トレーニングに関してもこれは一緒です。

 

 

あなたがトレーニングに励んでいるが、一向に結果、成果が出ないというならば何かしらの行動をするべきです。

 

そうすればあなたの理想とする体型に近づけていけます。

 

 

さてジムで


¨お尻¨

のマシンと記載されてあるマシンをあなたは一生懸命やっていませんか?

 

やることはいいことですが、あなたのお尻は使われていますか??

 

 

 

「脚の横がはってくる」

 

 


「脚の横がパンパンになる」

 

 

「お尻に効かない」

 

ということはないですか??

 

 

あなたがトレーニングでこのように感じているのならあなたのトレーニングは正しく行われていません。

 

 

このまま続けていてもあなたのお尻は使われることは少ないでしょう。

 

 

ではどうすれば??

 

 

その前に少しご理解していただきたいと思います。

 

 

pfines135143746

 

インパクトが強い写真ではありますが、よく見てほしいです。

 

 

お尻の筋肉といっても一つだけではありません。

 

お尻には小さく細かい筋肉がたくさんついています。

 

 

 

お尻の表面には「大殿筋」(だいでんきん)という筋肉があり、その奥には「梨状筋」(りじょうきん)という小さい筋肉があります。

 

 

「こんなにたくさんあるんだ!!でもよく分からない」

 

 

と思います。

 

 

こんなにたくさんの小さい筋肉がついているということは、意識をお尻にもっていくことは難しく感じると思います。

 

 

これらの小さい筋肉が働かずに、大きな筋肉ばかり働いてしまうと

 

 

「脚の横がパンパンになる」

 

 

「脚の横がはってくる」

 

 

ということが起きてきます。

 

 

頑張っているのにもったいないです。

 

 

 

脚の横の筋肉を休ませてあげてお尻の筋肉を使うようにしたいのです。

 

 

これが

 

 

お尻、太もも痩せを成功しヒップアップのするめための豆知識です。

 

 

やみくもにやっていてもカラダは変わりません。

 

 

いつも読んでいただきありがとうございます。

 

 

美脚とトレーニングの関係性とは??② 

読了までの目安時間:約 6分

 


美脚とトレーニングの関係性とは

 

 

以前の記事にて

「美脚になるためにはトレーニングが必要」

とお伝えしました。

 

 

 

前回の記事はこちらから

 

 

いかがだったでしょうか??

 

 

トレーニングの重要性を分かっていただけたのではないしょうか??

 

 

今回は引き続き美脚トレーニングの関係性についてお伝えしていきます。

 

 

 

「あなたが今続けているトレーニングをやめてしまうと・・・」

 

 

 

 

前回の記事にて

「廃用性筋委縮(はいようせいきんいしゅく)」

について少し説明をしていきました。

 

 

筋力は30歳代から低下し始め、50歳代から割合が高くなっていき、30歳代~80歳代までで約30~50%減少する。

 

 

運動、トレーニングやめてまうと筋肉が減少し、カラダを支える骨にも影響しますとお伝えしました。

 

では筋肉が減少し、カラダはどうなるのか??

 

 

 

 

姿勢が変わります。

 

 

 

 

 あなたも見かけたことがあるのではないでしょうか??

 


腰が曲がって歩いている高齢者の方。


反対に背筋がピーンと伸びて堂々と歩いている高齢者の方。

 

 

 

同じ年齢であっても人によって姿勢は様々です。

 

 

私は、フィットネスクラブ、整形外科でたくさんの方と接する機会があり、たくさんの方の姿勢を見てきました。

 

 

一つ言えることは

 


「長年運動、トレーニングをされている方は、トレーニングをしていない方より姿勢が良い!」

 

(これはあくまで私の一意見です)

 

 

あなたもいつまでも姿勢がよく生き生きと日々を過ごしていきたいと考えているのではないでしょうか。

 

 

いつまでも大好きなことをし輝いていたい!!

 

 

毎日充実した日々を過ごしたい!

 

 

こういった思いもあるのではないでしょうか。

 

 

 

筋肉の減少により、姿勢が悪くなってくるとどこに一番負担がくると思いますか??

 

 

私はこれまでの経験上、膝だと考えます。

 

 

あなたのまわりにも「膝が痛い」と言われている方がいるのではなでしょうか??

 

 

もしくはあなたも膝が痛いといわれているのでは。

 

 

 

年齢とともに筋力が低下し、このような脚になっていくことが多いです。

 f6409e48f70b1e9e7cb4fe7e39690e0b

 

 

この脚になってもトレーニングをしなければ、更に進行してしまいます。

 

 

進行が進んでいくと

 

 

「変形性膝関節症」

 

 

という膝関節症になってしまいます。

 

 

 

高齢者の方でこのように脚が外側にひろがっている方をよく見かけませんか??

 

 

 

これは今から予防することが大事なのです。

 

 

私は、整形外科にて

 

 

「変形性膝関節症」

 

 

の方をたくさん見てきました。

 

 

膝の痛みから大好きな運動ができなくなり、手術を余儀なくした方もいらっしゃいます。

 

 

私はその方の悲しそうな顔を絶対に忘れません。

 

 

 

「もう運動できないのかな・・・・」

 

 

 

膝の痛みから大好きなことができなくなる。

 

 

自分が生きがいとしていたものができなくなることほど悲しい事はありませんよね。

 

 

 

あなたがこの記事で何かを感じ、新たにトレーニングに励んでくれたら嬉しいです。

 

 

 

 

いつも読んでいただきありがとうございます。

 

 

トレーニングで美脚になる!その関係性とは??

読了までの目安時間:約 5分

 


美脚とトレーニングの関係性とは

 

 

美脚といってもいろんな考え方があります。

 

たとえば、

 

 脚が細くなりたい

 

 引き締まった脚になりたい

 

 O脚を直してまっすぐな脚に

 

 X脚を直してまっすぐな脚に

 

 

などあなたにも美脚に対してこのような考えでお悩み、願望があるのではないでしょうか??

 

 

 

美脚とトレーニングの関係性について書いていきます。

 

 

 

まずはじめに、脚が細くなりたいという方は何も運動しないようにすることが一番の近道だと私は考えます。

 

 

いきなり厳しいことを書きました。

 

ですがこれは本当だと私は考えています。

 

 

あなたの骨を支えているのは筋肉です。

 

 

その筋肉は使われなければ萎縮(いしゅく)します。

 

萎縮(いしゅく)とは、しぼんで縮むことです。

 

使われなければ、筋肉は縮むということです。脚の筋肉で言えば細くなるということ。

 

 

専門用語になりますが

 

廃用性筋委縮(はいようせいきんいしゅく)という言葉があります。

 

 

初めて聞く言葉だと思いますが、これはあなたのカラダにとって重要な言葉です。

 

 

この廃用性筋委縮(はいようせいきんいしゅく)とは

 

「筋肉の動かさないことによって、筋力の低下に伴う筋容積(大きさ)が減少しますよ。

筋肉の不活動開始、最初の1週間が萎縮(いしゅく)の割合が大きく、少しずつ低下します。」

 

 

という意味です。

 

 

 

一般的に筋力は30歳代から低下し始め、50歳代から割合が高くなっていき、30歳代~80歳代までで約30~50%減少します。

 

 

このことから、筋肉を動かすことなく、何もしなければ細くできるということが分かるのではないでしょうか。

 

 

すごく簡単なことですが

 

筋力が低下するということは筋肉も小さくなり、カラダを支える力がなくなるということです。

 

 

カラダを支える力がなくなるということは・・・・

 

 

O脚

 

腰痛

 

膝痛

 

の原因になります。

 

 

 

あなたのカラダに痛み、ゆがみが表れてきます。

 

 

 

あなたには

 

 

「太い脚をどうにかしたい」

「脚を細くしたい」

「デニムを着こなしたい」

 

 

という願望はあると思います。

 

 

この願望はトレーニングで叶えることができると私は信じています。

 

ですがそのためには、正しいトレーニングが必要なのです。

 

 

 

ただ重さを追求するだけでなく、いつも使われていない筋肉を使ってあげることが大切になってきます。

 

「階段は一段飛ばしで。」

「大またで歩きましょう!!」

 

これもいい例です。

 

 

この意識にプラスをして、使えるパワーを高めていく。

そうすることによって、重力に負けない引き締まったお尻、脚が作られていくのです。

 

 

 

美脚への道はトレーニングなのです!!

 

 

 

今日は 美脚とトレーニングの関係性について書いていきました。

 

 

いつも読んでいただきありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

美脚にかかせないポイントとは??美脚のためのトレーニング方法。

読了までの目安時間:約 6分

 


美脚にかかせないポイント

 

 

前回の記事にて

「美脚になる方法」

をお伝えしました。

 

それは習慣が大事、お尻の筋肉を使いましょう!と。

 

 

 前回の記事はこちら!!

 

 

 

読んでいただきましたでしょうか。

 

 

 

 今日は美脚にかかせないポイント、トレーニング方法についてお伝えしていきます。

 

 

 

 

あなたが思う美脚にかかせない箇所はどこだと思いますか??

 

 

 

・膝


 

・骨盤

 

 

・脚の付け根

 

 

 

この三つのうちどれか一つは浮かんできたのではないでしょうか??

 

 

どれも正解です。

 

 

 

 

 

ですがあともう一つだけ重要なところがあります。

 

 

それは

 

 

 

¨足¨

 

 

です。

 

 

(足とは足首から下の事を示します)

 

 

 

 

足首、足の骨、足の指などです。

 

 

 

「え??美脚になるために足首、足の骨、指なんて関係あるの??」

 

 

 

と思われたかもしれません。

 

 

この足の崩れからあなたの 脚の崩れがおきている可能性が高いです。

 

当たり前のことを書きますが、あなたのカラダは2本の脚で支えています。

 

 

この2本の脚の下に、あるものが¨足¨です。

 

 

 

土台です。

 

 

この土台が整っていればあなたの脚はさらに美しくなると私は信じております。

 

 

 

イラストを見ていただければ分かると思いますが、土台が崩れてしまうとその上のバランスが悪くなります。

 

 

膝の高さ、骨盤の高さ、肩の高さなど

 

 

 

このアンバランスにより、一定の筋肉しか使われなくなり姿勢が崩れてしまいます。

 

 

ではどのようにすれば??

 

 

 

土踏まずを高めてあげるのです。

 

 

「え??それだけ??」

と思ったかもしれません。

 

 

脚の崩れが起きている方は、この土踏まずが潰れていることがよく見受けられます。

 

 

あなたは膝のお皿が内側に向いていませんか??

 

 

これは 脚周りの筋肉の硬さ、弱さにも影響があると思うのですが、足にも問題があります。

 

 

 

では 土踏まずを上げるようなトレーニングをすることが大切になってきますよね。

 

 

代表的なものは

 


足の指のグー、チョキ、パーです。

 

 

やってみましょう。

 

 

どうでした??

 

足の指動きましたでしょうか。

 

 

意外と動かないですよね。

 

 

でも諦めないでくださいね。

 

 

 

私のお客様の方で、3回目のトレーニングで少しずつ動くようになってきた方もいます。

 

 

 足の指が動くようになることで、あなたがやっているスクワットも効き方が変わってきます。

 

 

「いつもよりお尻に効いている感じがする。これまでのスクワットとは違う!!」

 

 

実際にお客様から頂いた言葉です。

 

 

足の指をトレーニングすることにより、今まで眠っていた筋肉を呼び覚ますことができるのです。

 

 

なんか不思議じゃないですか。

 

 

 

あなたも今日から足の指使っていきましょう。

 

 

今日は美脚にかかせないポイント、トレーニング方法についてお伝えしました。

 

 

 

いつも読んでいただきありがとうございます。

 

 

 

お尻、太もも痩せダイエットに欠かせないポイントとは??

読了までの目安時間:約 7分

 


脚痩せ専門美脚

 

 

 

11月8日、名古屋にて「脚痩せ、美脚セミナー」を受けてきました!!

 

名古屋にて

「下半身痩せダイエットに特化したパーソナルトレーニング」

指導を行っている方のセミナーです。

 

下半身ダイエットの専門家です。

 

 

新たな学び、環境に触れ刺激になりました。

 

新たに学んだ事をお客様に還元させていただきます。

 

 

さて

 

今回はあなたが今よりもっとお尻、太ももが痩せて美脚になる方法についてお伝えしてしていきます。

 

 

まずはじめに

 

 

「美脚は1日にしてならず!!」

 

 

いきなり思い切ったことを書きました。

 

 

 

これは「美脚」だけに限ったことではありませんが、お尻、太もも痩せ美脚になるための重要なポイントです。

 

 

 

 

 

あなたの今の体型、姿勢、体重、ゆがみなどは1日にしてそうなったわけではありません。

 

 

小さな積み重ねが今のあなたのカラダを作っているのと私は思います。

 

 

あなたが思う良い習慣、悪い習慣はあると思いますが、これは人によって違ってきます。

 

 

ですが、あなたが良いと思っている習慣は実はカラダにとってはあまりいい習慣でない場合もあります。

 

 

 

たとえば

 

 

 

「内股座り」

 

 

「内股で立つ」

 

 

この習慣はあなたにもあるのではないでしょうか?

 

 

すこし普段に生活を振り返ってみてください。

 

 

 

おそらく無意識のうちに

 

 

「内股座り」

 

 

「内股で立つ」

 

 

状態になっているのではないでしょうか??

 

 

「あ!!私そうかも・・・・」

 

 

「この座り方楽だもんな~。」

 

 

また

 

 

「がに股で座るなんておかしいし、この立ち方、座り方のほうが女性らしいと思う」

 

 

 

「美」

 

を意識しているあなたなら、こういった考えも方もあると思います。

 

 

「美」

 

を意識しているからこそ、所作に気をつけているんですよね。

 

 

そういった日頃から「見られている」という事を意識をし、生活をされているあなたは素晴らしいし、もっと素敵になれると思います。

 

 

 

 

女性らしいと思っている内股は、あなたの美脚への道を妨げています!!

 

 

 

さて

 

 

なぜこの内股があなたの美脚への道を妨げているか

 

 

というと、それは

 

 

筋肉のアンバランス

 

 

から生まれてきます。

 

 

どちらか一方の筋肉にだけ負担がかかり、バランスが悪くなってしまいあなたの脚は外側に広がったり、内側にねじれてしまいます。

 

 

あなたが理想としている「美脚」は脚が極端に外側に広がっていたり、内側にねじれたりしている脚ではありませんよね。(どちらもO脚です。)

 

 

いつも内側にねじれていると、特定の部分しか筋肉を使っていきません。

 

内股座り、内股立ちの時ってお尻広がっていませんか??

 

確認してみてくだい。

 

どうですか??

 

 

 

また内股で立っているときとつま先をまっすぐに向けた時、どちらがお尻をギュッとしめやすいですか??

 

 

「はい!!お尻でお札をはさむように!!」

 (ある先生がこのような伝え方をしていました。分かりやすいなと感じたので使わせていただきました)

 

 

 

どうですか?

 

 

どちらがお尻を締めやすかったですか??

 

 

 

 

普段の生活で内股になっているあなたは、お尻が使われていない可能性が高いです。

 

 

お尻の筋肉が常にお休みしている状態かもしれません。

 

 

 

いつも使っている場所だけが頑張り、使われない場所は休んでいる。

 

 

これだけでアンバランスなのはお分かりではないでしょうか。

 

 

 

どうすれば??

 

 

今日から内股の習慣に気をつけながら生活してみてください。

 

 

 

膝は外側に向けお尻で「お札」をはさむ意識を1日5分でも。

 

 

 

 

あなたのこの習慣が美脚への道へと繋がっています。

 

 

 

今日はお尻、太もも痩せダイエットに欠かせないポイントについて書いていきました。

 

 

いつも読んでいただきありがとうございます。

 

女性の美脚、美尻、引き締めのためには・・・

読了までの目安時間:約 4分

 


 

 あなたは「美脚になりたい」「美尻になりたい」「脚、お尻を引き締めたい」と思ってトレーニングに励んでいますか??

 

 

 

 

私のトレーニングは大きな筋肉(お尻、胸、背中、脚など)だけを鍛えて引き締めるトレーニングとは一味違います。

 

もちろん大きな筋肉を鍛えるトレーニングもします。

以前の記事でもお伝えしたことがあるのですが、土台となる足の指にアプローチ、トレーニングをするとお伝えしました。

 

足の指にアプローチをするのですが、足首にもアプローチもします!!

足の指、足首からアプローチすることで全身の筋肉を使った筋トレができるからです。

 

 

 

足の指、ふくらはぎから力が伝わり脚、骨盤、上半身につながっていきます。

 

この小さな部位のトレーニングを怠ってしまうと、重心の位置がずれあなたがいつも使っている筋肉ばかり使ってしまいす。

 

 

例えば、O脚に悩んでいる方がなにも意識せずにスクワットをやってしまうとO脚のままスクワットをやってしまいすよね・・・

 

これってトレーニングの意味がないのです。

 

O脚のまましゃがんでいるだけなのです・・・

もしくはO脚をもっと進めてしまうのでは・:・・・・

 

 

 

じゃあどうすればいいの?

 

 

普段使っていない筋肉をよみがえらせて、あなたがいつも使っている筋肉をあまり働かせないようにすることが大切なのです。

眠っている「筋肉に使えーーー!!起きろーー!!」と呼びかけても、すぐに反応はしてくれません。

いままでずっと眠っていたからいきなり言われてもカラダをどう動かせば使えるかわかんないですよね。

 

その眠っていた筋肉をよみがえらせてくれるのが

 

足の指と足首の動きなのです。

 

 

 

足の指で地面を押さえふんばり、すねの下に足首、かかとの少し前に重心がしっかり収まっていれば重心の位置が変わりあなたが今まで使ってこなかった筋肉を少しずつ蘇らせることができるのです!!!

 

「え!?こんなところ初めて意識した。」

「こうやったらここを意識できるのか!!」など

 

新しい発見が体験できます!

成長を感じることができます!!!

 

 

 

 

 

美脚、美尻のためには、足の指、足首も大切なのです!!

 

 

 

 

いつも読んでいただきありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1 4 5 6
プロフィール
片岡慎一プロフィール

代表兼パーソナルトレーナー
片岡 慎一(かたおか しんいち)
詳しいプロフィール
片岡のトレーニング方針
バーベル・ダンベルトレーニングの効果は?
お客様に選ばれる理由
美脚・美尻のための動画
カテゴリー
最近の投稿
YouTube公式チャンネル
Instagram
お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせ
080-3946-0435

セッション中、営業時間外は電話に出ることができませんので、お問い合わせは下記のフォームよりお願いします。
お問い合わせフォーム

小さなことでもお気軽にご連絡下さい。
今すぐ予約はこちらから!