fbpx

福岡 パーソナルトレーニング

福岡初!週1回60分「美脚美尻」作り専門パーソナルトレーニング

「間食が辞められない….」身体を変えるために間食はなくすのか?

読了までの目安時間:約 7分

 


 

おはようございます。

福岡、北九州で活動するビューティーアップデートトレーナー片岡慎一(かたおかしんいち)です。

 

 

夏も終わりに近づいてきましたが、まだ暑いですね。

この時期は、夏バテなどもあり体調を崩す方もいます。

あなたは体調大丈夫ですか?

 

でも食欲も落ちずに変わらず、食欲旺盛な方もいます。

 

身体を変えたいと思いつつも食欲が止まらず食べてしまう.....。

 

甘いもの、揚げ物が大好きで間食が止まらない。辞められない。

 

間食や揚げ物を抑えたい、会社に食事会が多くて付き合いだから......

 

一体どうすればいいの?と悩んでいるのではないでしょうか。

 

 

本当は身体を変えるために、食事やトレーニングを取り組みたい。身体の節々に痛みや身体のたるみを感じた時、焦りや怖さを感じていませんか?

 

 

「本当はこうしたいのに、思うように上手くいかない。」

 

 

この時ってモチベーションを保つのもきついし大変だと思います。

 

 

今日は食事についてお伝えしていきます。

 

上記のようなお悩みをもっているあなた。

 

 

では一体どうすればいいのでしょうか?

 

それは

 

『間食を上手く使いこなす事です。』

 

 

間食というと甘い物、お菓子というイメージがあるかと思います。

 

摂らない方がいいと思っているのではないでしょうか?

 

ですが身体を変えるためには、間食は摂った方が良いのです!

 

 

もちろん毎日甘〜いお菓子を摂ればいいわけではありません。

 

 

気をつけるべきポイントは、吸収の遅い食べ物を摂取する事です。

 

お菓子や甘い物は、糖分の塊です。

 

また白米やパンなどの精製されているものにも糖分は含まれています。

 

 

お菓子や白米やパンなど精製されているものは吸収が早く血糖値が急上昇しやすいです。

 

 

取り入れた糖分を下げる為にインスリンというホルモンが出て血糖値を正常に戻そうとします。

 

その際、エネルギーとして余った糖分は脂肪として蓄えられます。

 

 

 

甘い物や白米やパンなどこれらを完全に断つのは難しいと思います。

 

 

なのでこういった食材はなるだけ、活動量の多い朝〜昼にかけてに摂る事をオススメしています。

 

 

 

 

では間食時には何を摂った方がいいのでしょうか?

 

それはなるだけ吸収が遅い食べ物を選ぶことが大事になります。

 

炭水化物でいうとライ麦パン、玄米、雑穀米など色が白ではなく茶色の食べ物を摂る事をお勧めします。

 

 

 

精製されていない玄米やライ麦パンなどはミネラルやビタミン、食物繊維が豊富で、このような食材は血糖値の急上昇を防ぐことができます。

 

間食が悪いわけではなく、間食にとる食べ物に原因があります。

 

 

また反対に3食の食事のみで、間食を挟まないという食事もオススメはしません。

 

 

なぜかというと、3食のみの食事だと血糖値の上がり下がりの波が激しいからです。

 

例えば

 

朝食 8時

昼食 13時

夕食 19時

 

と食事の間隔が約5〜6時間空いている食事です。

 

お腹が空いてから食べるというのは、身体の栄養素が不足しているという状態です。

 

血糖値が下がり「血糖値を正常に戻さないと」という身体の反応が「お腹が空いた」反応です。

 

お腹が空いた状態で、吸収の早い食べ物を食べれば一気に血糖値は上昇します。

ですが余った余分なエネルギーは脂肪に結びつきます。

 

なのでできるだけお腹が空かない状態を作ってあげる事が、筋肉を維持し脂肪を落とすための大切なことになります。

 

 

いかがでしたか?

 

今日は「間食が辞められない.....でも身体を変えたい!」というあなたにお伝えする記事を書いていきました。

 

いつも読んで頂きありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「食事制限を頑張りすぎていないですか?」

読了までの目安時間:約 9分

 


 

いつも読んで頂きありがとうございます。

 

福岡、北九で活動する年齢を重ねるたびに健康美を更新させるビューティーアップデートトレーナーの片岡慎一(かたおかしんいち)です。

 

前回の記事にて「トレーニングを頑張りすぎていないですか?」という記事をお伝えしました。

 

いかがでしたでしょうか?

 

さて本日は「食事制限を頑張りすぎていないですか?」という記事をお伝えします。

 

『過度の食事制限による筋肉量の減少がおこる』

 

身体を変えるためには、トレーニングと食事どちらも大切な要素になってきます。

 

私はトレーニングの前に必ずお客様の食事シートのチェックを10分ほど行っております。

 

これまでまたは今現在もあなたは、身体を変えるために食事を意識をして日々の生活を送っていることと思います。

 

 

「糖質制限」

 

「カロリー制限」

 

「〇〇ダイエット」

 

など

 

今流行りのダイエット法にも挑戦したことがあるのではないでしょうか。

 

これまで様々な事に取り組んできたけれど身体は変わらないと悩んだこともあるのでは。

 

 

「体重は変わっても身体は引き締まらない」

 

 

この原因となる要素は、食事を

 

「消費カロリー>摂取カロリー」

 

で考えすぎてしまっている場合があります。

 

 

「なにがなんでも、この期間のためにこの体重にしないといけない」と緊急性を要することであれば、消費カロリーを摂取カロリーより多くすればいいのですが、長期的に考えればその習慣をいつまでも続けるのは難しいと思います。

 

 

精神的なストレスも増えてくると思います。

 

 

体重を落とすのと身体を引き締めるのとでは大きく違ってきます。

 

 

身体の形(ボディライン)を整えるのには、筋肉が大切になってくるからです。

あなたが望むような脚のライン、お尻などは筋肉を鍛え刺激を与えることによってつくることができます。

 

 

筋肉量が減少すると股関節周りの筋肉が衰え脚のラインが崩れ、お尻も垂れてきてしまいます。

 

身体の約7割の筋肉が下半身にあり、下半身の筋肉が衰えることにより、身体の中心にある「骨盤」が後ろに倒れてしまうことがあります。

 

 

 

左の写真が骨盤が後ろに倒れ、背中が丸まり首が前に出てしまっている姿勢です。

 

この姿勢になると太もも(太もも裏側とお尻の境目)から地面までの距離は短くなりますよね。

 

太もも裏側とお尻の筋肉は、だら~んと脱力状態になり弛み、反対にある太ももの前はパァーンと張ってしまいます。

 

この姿勢になると、内臓や胃のなどの臓器が下がり下腹も出やすくなり見た目的にも身体的に美しくありませんよね。

 

 

重力に対抗する筋肉がなければ、身体は垂れて崩れていきます。

 

 

じゃあ「食事制限もしながら、筋トレ頑張ったらいいんじゃない?」と思いますよね。

 

 

確かに食事の制限をするだけでなく、筋トレもすることが非常に大事です。

 

 

『食事の制限ではなく、食事改善に取り組む』

 

食事の制限ではなく、食事の改善についてのアドバイスをしています。

 

間食の際、あまりにもにチョコレートやお菓子などを多く取りすぎているという方には厳しい声をかけます。

 

が「なぜこのように間食を多く摂ってしまうのか」もお聞きします。

 

お客様の家庭環境や仕事環境は様々です。

 

環境によるストレスから食べ過ぎでしまうというのは、正直私も経験したことがあります。

 

 

ボディメイクやダイエット中に飲み会時期が重なったり、仕事が多忙になる時期もあると思います。

 

 

飲み会や多忙な仕事の時期などは本当は避けたいけれど避けられないことがありますよね。

 

 

その際に「なんでこんなにお酒飲んだんですか?」「こんなに食べて良いわけないでしょう」と言われると更にストレスがたまり、悪循環に陥ってしまうのではないでしょうか。

 

 

飲み会の席も、仕事が一息ついた休憩中の食事も楽しくなくなりますよね。

 

 

またボディメイク、ダイエットが終わったあとは、無性に食べたい欲求に駆られてしまうこともあるのでは。

 

 

これは、急激な血糖値の減少から身体を維持するためにおこる身体の生理的な反応です。

 

この際に、どのような栄養を摂るかが身体を作っていく上で大事になります。

 

頑張った時期のあとに、ドカ食いしては今まで頑張った努力が水の泡です。

 

努力を無駄にしないために、ボディメイクやダイエット中に食事の改善が必要になります。

 

 

食事の改善をすることにより、食事後の「まだ食べたい」「お腹がすいて間食で食べ過ぎる」という欲求を抑えることができると考えています。

 

 

では、どのような食事が良いのか?

 

 

私の経験から食事制限を頑張りすぎている方は「豆類」「海藻類」の欠如が見られる方が多くいると感じます。

 

豆類は、味噌、納豆や豆腐など

 

海藻類はわかめ、ひじき、こんぶなど

 

 

 

豆類、海藻類などには、食物繊維も豊富にあり、ビタミンやミネラルも豊富に含まれています。

 

ミネラルとはカルシウムや鉄、カリウムなどの栄養素です。

 

ビタミンとは、ビタミンA、ビタミンCなどの栄養素です。

 

 

豆類、海藻類には、体内で合成することができない、また蓄積することができないミネラルや水溶性ビタミンを多く含んでいます。

 

毎回の食事で必ずこの栄養素を取り入れるようにしてみてください。

 

 

便秘の解消や疲れやすい身体を解消し、あなたのトレーニングをもっとより良いものにしてくれますよ。

 

 

いつも読んで頂きありがとうございます。

 

 

 

ダイエットのために糖質制限?糖質はガソリンです!

読了までの目安時間:約 6分

 


 

 

いきなりですが、普段の生活で糖質をしっかりと摂っていますか?

嫌っていませんか??

 

 

「糖質をとったら痩せない」

 


「身体は変わらない」

 

「太ったら嫌だ」

 

 

確かに糖質を大量に摂取したら身体を動かしても蓄えている脂肪がエネルギー

として使われたないからなかなか身体が変わらない。

 

ですがこれから筋肉をつけたい、お尻、太もも、下半身を引き締めたいと考えているなら糖質も重要です。

 

 

今日はあなたが考える下半身引き締めダイエットに糖質が必要な理由をお伝えしていきます。

 

 

 

『なぜ糖質が必要なのか??』

 

04579bcdc36758dd78d2a8a0b34f61e6_s

 

糖質は、身体を動かすエネルギーとしてしか使われません。

 

 

糖質が不足していると、たんぱく質をエネルギーとして使われてしまうのでたんぱく質だけをとっても身にならないのです。

 

糖質を筋トレ前に摂ることで、血管を広げてくれ筋肉が栄養(たんぱく質)を取り込みやすくなります。

 

 

糖質が筋肉をつけるためにサポートしてくれるのです。

 

糖質はいわば身体を動かす、筋肉をつけるための
 
「ガソリン」
 
なのです。

 

車はガソリンがないと止まってしまいますよね。

これと一緒で身体も糖質がないと機能しずらくなってしまいます。

 

 

「カラダを引き締めたい」


「美しいボディラインになりたい!」


「お尻、太もも痩せして引き締めたい!!」

 

そう考えているなら糖質は敵ではなく、味方につけるべきだと考えています。

 

 

 

『どんな食べ物がいいのか??』

 

 

ポイントはGI値が低い食べものを選ぶです。

 

GI値とは、グリセミック指数といい、食品が糖に変わり血糖値が上昇するスピードを測ったものです。

 

私たちは、食事により血糖値が上昇し、糖が 急激に増えるとインスリンというホルモンが血糖値を下げ正常にもどしてくれます。

 

しかし、身体にたくさんの糖がいきなり入ってくれば過剰にインスリンが分泌され脂肪が蓄積されやすくなります。

 

インスリンは脂肪の分解を抑制する力があります。

 

そこで

 

食事(糖)を取っても身体がびっくりしない吸収がゆっくり(血糖値の上昇が低い)な食べ物がオススメです。

吸収がゆっくりということは腹持ちの良いですから、食べ過ぎを防ぐこともできます。

 

 

食品の傾向としては、加工度が低い、自然のままに近い穀物、食物繊維が多い食品になります。

 

 

『筋トレ前には・・・・』

ba7ee9a1c3e3aec9e1feb6cc0268b931_s
トレーニングをおこなう前には、先ほどとは逆になり 吸収の早い食べものを摂ることをオススメします。

 

なぜなら素早く身体を動かす、力を発揮する際には糖質がすぐに必要になってくるからです。

 

先ほどもお伝えしましたが、 糖質は身体を動かすエネルギー源なのです。

 

この糖質が不足しているとあなたが本来もっている力が発揮されにくいのです。

 

身体が上手く動かせないと効率よく効果的なトレーニングはできません。

 

 

よく宣伝でやっているウィ○ープロテインがわかりやす例です。(コンビニに売っているものです)

 

あれは糖質も入っていますしたんぱく質も入っていますから身体を動かす前には持ってこいの食品です。

 

 

もちろんおにぎり、果物でも!

 

今日から糖質を味方につけて身体を変えていきましょう。

 

 

 

いつも読んで頂きありがとうございます。

 

 

 

ダイエットとカラダの引き締めは違うの???

読了までの目安時間:約 4分

 


 

 

カラダを変えたい、引き締めたいと願いトレーニングを頑張っているあなた!!

 

いきなりですが

 

ダイエット=カラダが変わる!!!

 

 

 

と思っていませんか??

 

体重を落とすことができれば、キレイになれる、引き締まった理想のカラダになれると思っていませんか??

 

たしかに体重を落とすことで、体重を落とす前とはお腹がへこんだ、痩せた!!

と思うかもしれません。

 

ですが、あなたのその体型をつくった、体重を減らすことができたトレーニングはどういったものですか??

 

 

・有酸素運動、スタジオレッスンでたくさん動き、汗をかき体重が減った。

 

・過度な食事制限、有酸素運動によりお腹がへこみ痩せた。

 

 

などがあるかもしれません。

 

 

たしかにスタジオレッスンは楽しいし、たくさん汗をかける。

ランニングマシン、バイクマシンによる有酸素運動後は体重の変動があり嬉しい!!

 

と感じるのはよくわかります。

 

楽しく運動はしたいし、運動の効果がすぐに数字に表れるのは嬉しいですよね。

 

ですが、

 

あなたのその運動はずーっと続けれますか??

 

 

あなたが何らかの事情により、スタジオレッスンに参加できない、有酸素運動ができなくなった・・・

 

スタジオレッスン、有酸素運動でカロリーを消費して体重が減っていたのに、参加できない、有酸素運動ができなくなると今までと同じカロリーを消費ができなくなり、体重の増加が見られたりします。

 

たったちょっと休んだだけでまた戻った・・・

 

「よし!!頑張ろう!!」「やった!痩せた!!」

 

また休んでしまい

 

「戻った・・・」

 

このような繰り返しはしていいないですか??

 

あなたのカラダが変わらないのは、このような原因かもしれません。

 

けっしてスタジオレッスンや有酸素運動が悪いとはいっていませんが、

あなたが引き締まったカラダを手にいれたいと思うなら筋力トレーニングを行うことを強くお勧めします!!

 

なぜ勧めるかはこちらから

 

 

あなたが今までスタジオレッスンや有酸素運動で手に入れた継続力、継続した結果得られた体力を筋力トレーニングに当ててみませんか??

 

今までと違ったことをすれば、違う結果が得られると私は信じております!!

 

あなた次第です!!!

 

 

なにかご質問、ご相談がございましたらお気軽にお問い合わせください!!

 

こちらからどうぞ!!

 

 

いつも読んでいただきありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

ダイエットではなく引き締めを!!と考えているあなたへ

読了までの目安時間:約 4分

 


 

 

 

 

「今すぐ体重を落としたい」

「今すぐ痩せたい」

など

 

あなたは短期での体重減少(1ヶ月~2ヶ月、もしくは3ヵ月)を希望ですか?

ダイエット(食事制限)によるカラダの変化をご希望ですか??

 

そのようなご希望であれば他のパーソナルトレーナーにぜひお願いしてください。

 

 厳しいことを書きました。申し訳ありません

 

 

 

 

「ずっと健康でいたい!」

「カラダを引き締めてずっとこの服が着れるようにしたい!」

「新しい服を着たい!」

「キレイな姿勢でいつまでも輝いていたい!!」

「6ヵ月後の結婚式のためにカラダを引き締めてウエディングドレスを着たい」

 

 

など 私は、短期間ではなく長期的にカラダを変えてずっと健康でいたいという方へのためにカラダの引き締め、ボディメイクパーソナルトレーニングを専門としております。

 

あなたの大切なカラダなので健康的にカラダを引き締めていただきたい!と考えております。

 

筋トレをせずにダイエット(食事制限)だけでは筋肉量が落ちてしまい、カラダのラインが崩れるのはもちろん代謝が下がっていき脂肪がたまりやすいカラダになってしまいます。

 

「体重を減らしながら筋肉をつけたい」

よく聞く言葉ですが、

 

私は「筋肉をつけながら体重を落とすはできません。」とよくお客様にお伝えしております。

筋肉もついて体重を落ちるなんて最高ですよね。

 

 

筋肉をつけるためには、糖質、脂質、たんぱく質をバランスよく取らないといけません。

また食べる量も多くしないと筋肉はついていきません!

たんぱく質はもちろんのこと糖質、脂質も筋肉をつけるためには重要です。

 

ましては、女性が筋肉をつけるためには男性よりもハードに筋トレをしないといけません。

ホルモンの関係により・・・

 

 

これを聞いただけでもう「あれ?どういうこと??」となりますよね。

 

「筋肉をつけるためにはたくさん食べないといけないのに、体重をへらすにはダイエット(食事制限)しないといけな

この考えだと筋肉つかないじゃん」と思いますよね。

 

 

私は別々に考えております。

体重減だけをしたいのであれば食事の量を減らして有酸素運動をすればすぐに数字として現れます。

 

摂取カロリーより消費カロリーを多くすればいいだけなのです。

 

 

 

私の指導は筋肉をたくさんつけるためのトレーニングではなく、今ある筋肉、眠っている筋肉を呼び起こし維持していきます。

筋肉が落ちないように筋トレをしながら食事により脂肪を落としていくのです。

 

 

 

 

 

いつも読んでいただきありがとうございます。

 

 

 

 

友人の結婚式に着ていくドレスを着るためにダイエット!!!成功したけれど・・・

読了までの目安時間:約 4分

 


 

 

 

あなたはどんな悩み、問題を抱えていますか?

またその悩み、問題は今すぐに解決したいですか??

いつまでに解決したいですか?

 

あなたが本気で悩んでいて、本気で解決したいて考えているならなにかしらの行動を起こしますよね!!

 

私もそうです。

この問題を解決するためにどうすればいいかを考え、色々調べたりします。

 

あなたもそうしませんか?

 

 

 

ひとつ問題解決についての例をあげます

 

 

あなたが、1ヶ月後に友人の結婚式が控えており、その結婚式に着ていくドレスを着るため1ヵ月でー10キロ痩せたい、ダイエットしたいという望みがあったとします。

 

そこでトレーナーにお願いしパーソナルトレーニングを開始。

 

過度な食事制限と有酸素運動、トレーニングにより1ヶ月で-10キロダイエットに成功!

 

結婚式前日、ドレスを前にしてドキドキ

 

「やった。着れた!!」

 

「よし!ドレスは着れたので問題解決!!」

 

 

ではありますが、結婚式後、過度な食事制限の反動で暴飲暴食、運動もしなくなりリバウンド・・・

そしてまた友人の結婚式・・・

またトレーナーにお願いする・・・

 

このサイクルは本当にもったいないですよね。

 

お金かかるし。

 

 

 

私の仕事はカラダに対して問題を抱えたお客様の結果を出すためのサポート役なのですが、

 

 

 

お客様の解決したい問題が短期間でカラダを変えたいという場合はお断りします。

 

 

 

なぜなら短期間でのカラダの変化はカラダに過度に負担をかけ、精神的にもまいってしまいます。

また短期間でカラダを変えたとしても、そのあとそのカラダを維持できるかが問題です。

 

 

すぐにリバウンドするのであれば、その頑張った期間のお金、時間はもったいないですよね・・

 

カラダはあなたに一生ついてきますから、一生ついてくるカラダをたったの1ヶ月2ヶ月で変化させてそのあとなにもしないで筋肉を維持できるなんて無理なのです。

 

 

トレーニングをやめてしまうと今まで使っていた筋肉が「筋肉がこれ以上働かなくていいや」と、サボってしまい

筋肉量が減ることにより、基礎代謝(1日に消費するカロリーの半分以上60~75パーセントをしめる)が悪くなり、1日に使われるエネルギーと食べるものから摂るエネルギーのバランスが崩れ、食べたものがたまりやすいカラダになります。

 

 

 

私は長期的にカラダを変えたていきたい、維持していきたいという本気の方へのサポートをしていきます。

あなたの大切なカラダに少しずつ負荷をかけてカラダを変化させていきます!

 

少しずついきましょう!!

 

 

 

 いつも読んでいただきありがとうございます。

 

 

 

プロフィール
片岡慎一プロフィール

代表兼パーソナルトレーナー
片岡 慎一(かたおか しんいち)
詳しいプロフィール
片岡のトレーニング方針
バーベル・ダンベルトレーニングの効果は?
お客様に選ばれる理由
美脚・美尻のための動画
カテゴリー
最近の投稿
YouTube公式チャンネル
Instagram
お問い合わせはこちら
お電話でのお問い合わせ
080-3946-0435

セッション中、営業時間外は電話に出ることができませんので、お問い合わせは下記のフォームよりお願いします。
お問い合わせフォーム

小さなことでもお気軽にご連絡下さい。
今すぐ予約はこちらから!